こんにちワーカーになったワケ。

このこんにちワーカーをお気に入りに登録する

サラリーマン

田辺由保

1987年神奈川県横浜市出身。短大、専門学校で空間デザインを学んだ後、輸入商社やデザイン事務所など転職経験4回。2018年3月5社目となる株式会社アールストアに入社。こんにちワーカー立ち上げ担当に。趣味はビール。三度の飯よりビールが好き。

記事一覧を見る

4回目の転職(で)こんにちワーカー
2018 年3月にR-STOREに入社して、この度“こんにちワーカーズ”になりました。
転職は4回目、働いた企業で数えると5社目です。
簡単にこれまでの経歴をまとめると
・アートプロデュース会社がやっている商品開発を中心としたプロジェクトの運営
・輸入商社の営業
・デザイン事務所のアシスタント&広報
・展示会の企画制作、商品開発ブランディング、PRをやっている会社のプロマネ
・R-STORE
で現在に至ります。共通するのはだいたい10名以下の超小規模な企業で、1人2役どころの話ではなく1人全役な勢いだったこと。小さすぎるゆえ、ややブラックになりがちな環境でした。
(有給消化を後ろめたさなくとったのはアールストアがはじめてです。笑)

大手サイトでは探しきれない求人
現在5社目のR-STOREに所属しているわけですが、いわゆる一般的な大手求人サイトで仕事を探したのは1社のみです。私の場合ですが、大手のような求人サイトだと自分のやりたい職種が一言で表現できず条件で探しても希望の仕事が表示されないことが多いので、SNSやwebサイトで求人を見つけ興味を持った募集にエントリーしていました。
R-STOREも例外ではありません。私がエントリーをした当時、自社サイトには不動産営業と新規事業部の採用情報が出ていました。不動産営業は他媒体でも広告を出していて募集内容も知っていたのですが、正直全く興味ありませんでした。一方、新規事業部は自社サイトのみでひっそりと募集。R-STOREが求人サイトをやるという面白さに興味を持ち、4回の転職経験が活かせるのでは?と思いエントリー。その後入社に至りました。

求人サイトを立ち上げるに当たり改めてこれまでの経歴を振り返ると、
・業界・業種や条件にこだわらずに見つけた募集
・webなどで得られるわずかな情報から「この仕事をやっている自分が想像できる」、「この企業で働いている自分が想像できる」
と、偶然と直感で9割決めていました。

やっぱり楽しく働きたい!
私は目標達成すると新しいことに挑戦したくなってしまうところがあり、1社で10年勤めました!とはいかず2-3年で転職をしてしまっています。それでも辞めたどの企業でも、退職後に仕事をまた一緒にすることも飲みに行くこともあり。それは、その企業で働く人たちの価値観が合うというベースがあるので長く関係を築けているのだと最近感じています。そんな実体験もあり、こんにちワークが掲げる“価値観共有による採用 / 転職活動”に共感しています。

と、ここまで長々書いてきましたが、やっぱり気が合う人たちと働くことって単にすごく楽しいじゃないですか。
1日の大半を仕事して過ごすワケですし、仕事の楽しさもですが人も大切。
でもそんな企業はなかなか見つからないし、WEB上には膨大な数の求人広告が溢れていて、条件で探すとどうしても偏ってしまいがち。だからこんにちワークでは“思ってもみなかった企業”との出会いを大事にしていきたいし、こんな企業・仕事があるなんて!と思ってもらえる魅力や楽しさも含めて価値観を伝えられるような記事を作って行けたらと思います。